うえだ小児科医院
予防接種 (U)

B型肝炎ワクチン

?B型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)はアジアからアフリカにかけて高蔓延国が多く、全世界平均では6%といわれます。日本は約1%の低蔓延国ですが、それでも約130万人のキャリアとなり、本ウイルスを原因とする肝臓がんによる死亡者は年間約5000人、肝硬変による死亡者は約1000人と推計されており、子宮頸癌による死亡者数の2倍以上に達しています。
?そのため日本では約30年前よりキャリアの減少を目的に、出産時の母子感染予防に力を入れ、大きな成果を上げてきました。
?しかしながら、この措置ではキャリア化を予防出来ない小児患者も多い事がわかってきました。また、若年成人を中心に現在も年間6000人以上の新規感染者が出ていると推計されています。これらは血液だけではなく、唾液、汗、涙、尿や精液などの体液を通じて感染する、いわゆる水平感染とされる経路が原因と考えられています。
?とくに3歳以下の乳幼児が父親や兄弟から、または集団生活の場で水平感染を起こすと、急性肝炎を発症せずに無症候性キャリアとなる率が90%と極めて高く、その後は患児が感染源となり二次感染が広がる原因となります。とくに配偶者への感染リスクは大きな問題となります。無症候性キャリアのその後は、急性肝炎や慢性肝炎に悪化する事も多く、肝硬変や肝癌になるリスクも一生背負います。
?成人では性感染症と位置づけられる感染が起こると、20−30%が急性肝炎を発症し、一部はキャリア化する事がわかっています。
?このため日常生活を通してB型肝炎ウイルスに感染する水平感染を視野に入れたワクチンによる感染防止対策がWHOからも強く求められています。
?すでに世界では194カ国のうち183カ国でワクチン接種が実施されており、非接種国はアジアでは我が国のみであり、他にはアフリカに数カ国と、低蔓延地区の北欧に数カ国あるのみです。
?乳児期に本ワクチンを接種すると95%以上の高率に免疫獲得が可能で、感染予防効果は20年以上継続すると言われています。
?我が国では平成28年度からB型肝炎ワクチンの定期接種化が予定されていますが、1歳未満のみが対象となるようです。乳児期のワクチン接種が肝要な事を鑑み、3歳未満にまで接種対象者を拡大する特別措置を医師会より静岡市には要望する予定です。  
?すでにこの年齢を超えているお子さんでは補助対象となる可能性は低いと思われますので、自費での接種をお勧め致します。

メニュー
院長交代のお知らせ|子宮頸癌ワクチンは定期接種|当院について|診療案内|地図、交通案内|こどもの病気|子育て (T)|子育て (U)|小児救急医療|薬について|予防接種 (T)|予防接種 (U)|院長から一言|リンク集|個人情報保護方針|予防接種 (U)

トップへ 画面上へ
更新日:2019-04-04

Copyright(C) 2010-2020 UEDA Shonika Clinic All Rights Reserved.