うえだ小児科医院 静岡駅,登呂,駿河区,静岡市 小児科

当院について

当院について

院長挨拶

院長 上田 憲

  うえだ小児科医院のホームページへようこそ。
わたしたちは、病気のお子さんの治療に加えて、子育て中の親御さんの支援も小児科医の大切な役割のひとつであると考えております。
お子さまのことで何か心配なこと、気になることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 上田 憲   副院長 岩田真喜子

 

所属学会・認定医など

  • 所属学会
    日本小児科学会、日本小児科医会、日本小児循環器学会
     
  • 専門医
    (社)日本小児科学会認定 小児科専門医

経歴

昭和47年 京都大学医学部卒業
昭和48年~昭和49年 京都大学医学部小児科勤務
昭和49年~昭和52年 静岡県立中央病院小児科勤務
昭和52年~昭和63年 静岡県立こども病院循環器科勤務
平成1年 うえだ小児科開業

現職 静岡市小児科医会会長、静岡市静岡学校保健会会長

 

副院長の紹介

副院長 岩田真喜子

所属学会

日本小児科学会、静岡県小児科医会

専門医

(社)日本小児科学会認定 小児科専門医

経歴

平成3年 関西学院大学文学部心理学科卒業
平成13年 宮崎医科大学医学部卒業
平成13年  静岡県立こども病院勤務
平成17年 沼津市立病院小児科勤務
平成25年  うえだ小児科勤務

 

当院の紹介


  当院では、お子さんの年齢や生活環境を考慮し、病気の診断と予想される経過をわかる範囲で説明してご両親の不安を取り除き、不必要な投薬を安易に行う事を避けるようにしています。

 集団生活をしている乳幼児は毎月何度も病気をします。80%以上が治療せずとも自然治癒していくウイルス感染症なので、病気の説明と生活指導に時間をさき、耐性菌を増やす抗生剤や症状を軽くするだけの薬は副作用の問題も考え最小限にとどめています。

 発熱、下痢、嘔吐、鼻汁などはいずれも身体を守る防御の働きですから、症状を観察しながら、投薬を漫然と続けたりむやみに増やしたりしない方が良いと考えています。

 身体の病気は症状が直ぐに現れ、ご両親も気付きやすいので細かい事まで気になりがちです。しかし、以上に述べたように何か症状があれば必ず治療が必要なわけではありません。むしろ最近のこども達の成長をみると、こころの育ちようが大変心配です。こども達が優しい心で他人と協調して生きていけるような大人に育つようにご両親のお手伝いをしたいと考えています。

 

診療方針


  「自分の家族に接するように患者さんに接する」が当院のモットーです。
患者さんにリラックスして診察に臨んでいただけるよう、スタッフ一同、笑顔を絶やさないことをこころがけております。
診療の中では出来るだけ安易に投薬を行わず、病気の説明を十分に行い、ご両親の子育てスキルの上達を助けたいと考えています。
保護者の不安や質問には、根拠のない「大丈夫ですよ」などの安易な対応はせずにわかっている範囲できちんと説明をして、わからない事や予測がつかない事は正直に伝えたいと思っています。



更新日:2013-03-13